ドロケーの論理

地域というかコミュニティによって、

ドロケーだったり、ケイドロだったりしますが

複数オニによる鬼ごっこです。
(なんか夕方の子供向け番組で般若とかが似たようなのやってマスね)

小学生のころスゲーやったなぁ

私はそのころ団地暮らしだったので、階段の踊場から飛んだり
ホント非常に命知らずなことをしてました。

まあ大人の言うところの危険感覚の醸成ってヤツでしょうか


このゲームは逃げるチームと捕まえる方のチームがそれぞれ複数人なので、バランスが悪いとダメ

「オレしか残ってねぇ~」

みたいなw


今回のソニーの情報流出って、何かこのバランスの悪いドロケーみたい

ソニーも今や世界企業なので、優秀な技術者も一杯いるんだろうけど、

相手はそれこそ世界だからねぇ、、
このご時世、もう一企業が軽々しく喧嘩できないな。

ホントこれからどうなるんだろ

自分の個人情報も逝っちゃてるんだろうな、、

やはり攻めるときは相手を見極めないとねっ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック